News&Blogお知らせ・ブログ

HOME > Blog > 意外と多いマイホーム購入後の後悔・・・
AllNewsBlog
Archive 
Blog
2018.09.07

意外と多いマイホーム購入後の後悔・・・

こんにちは!
Hands Factoryです。

マイホームと聞くとどんなことをイメージしますか?
・新築
・リノベーション
・建売
・分譲マンション
・二世帯住宅
・一生に一度のお買い物
・お金がかかる
・住宅ローン
・広いリビングが欲しい
・おしゃれなおウチがいい
・BBQができるほどの広い庭が欲しい
・夢のマイホーム
などなど、みなさんそれぞれ思い浮かべる言葉があると思います。

実はその中で意外と多いものが「後悔」という言葉。
実際に、インターネットで「新築」や「マイホーム」という言葉と共にサジェストキーワードで上位表示されてきます。
もちろん、単純に後悔した方だけでなく、これからマイホームの購入を考えている方も調べているとは思いますが、それだけ「マイホーム」「後悔」という言葉に敏感になっているということが考えられます。

やはりそれは「一生に一度」と言っても過言ではないくらいの「大きなお買い物」だからです。

例えば、極端な例になりますが、1本10円のうまい棒のチーズ味を買った後に、めんたい味にしておけば良かった・・・なんて後悔しませんよね。
それは、すぐに替えが利くからです。
もう一本買えばいいですからね。(うまい棒ごめんよ。そんなつもりで例に出したわけではないんだ。君は美味しい。)
でも何千万円もする家は、そう簡単に「気に入らないからもう一軒建てます」なんて言えないのです。

だからこそ、思い通りのマイホームにならなければ「後悔」もするし、これから家を建てる方は「後悔」という言葉に敏感になります。

ではマイホーム選びに後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?
※これはあくまでも私がお客さんの立場だと仮定した場合の個人的な意見ですので、参考までにお読みいただければと思います。

まずはやはり、信頼できる建築会社を選ぶことです。
信頼できる建築会社とはどんな会社でしょうか?
大手企業でしょうか?
ネームバリューがある企業でしょうか?

建築会社も「お客様のために」とは言うものの、会社ですので売り上げをあげることは重要ですし、ガンガン営業をかけてきますよね。
特に不動産業界の営業マンはガンガンレベルが高めで、クセが強いです。(笑)
それは会社目線で考えれば当たり前のことかもしれませんが、その中で一つ重要なポイントは、「当たり前のことを当たり前にでき、かつ、プラスαの提案をしてくれる会社」だと思います。

それは、住宅に関する知識は言うまでもありませんが、何気ない言葉遣いであったり、身だしなみであったり、そう言った部分も大切になりますし、自分とフィーリングが合うか、話しやすい人か、自分の話をしっかり聞いてくれている人か、など様々な視点で見た上で信頼できるかどうかを判断します。

また、プラスαの提案に関しては、やはり自分が思い描くマイホームがあったとしても、上手く表現できずに伝えきれないこともありますし、どうしたらいいのかわからないこともあります。
その中で、自分の考えをしっかりと汲み取ってくれて、プラスの提案をしてくれる会社はマイホームを建てる上で重要になってきます。

次に、住宅展示場や完成見学会、お客様宅訪問会などへ足を運ぶことも重要なポイントの一つです。
その会社がどんな家を建てているのかを知る機会にもなりますし、自分のマイホームづくりのヒントがたくさん隠れています。
見学会に行ったら個人情報を取られて、しつこく営業をかけらられるんじゃないか、なんて不安や心配もありますよね。
私の場合は、モデルハウスを見て興味のない会社に対しては正直に言います。
そうすると営業電話はかかってこなくなります。
営業マンは多数のお客様を抱えておりますので、本来であれば、お客様からきっぱり白黒つけていただいた方が営業効率も上がり、ありがたいことなのです。
もちろんしつこい会社もありますので、その場合は本社に直接クレームを入れて対処してもらいます。
それでもしつこい場合は着拒します。(笑)
お客様の立場であれば、常識のない会社に対しては強気に出ていいと思いますので、そのくらいのことはしていいです。

見学会の中でも特にオススメなのが「お客様宅訪問会」です。
展示場などのモデルハウスは高スペックな住宅が多く、魅力的な住宅が多数見受けられますが、そっくりそのまま建てようとすると高額になります。

逆にお客様宅の場合、実際にお客様のご予算内で、お客様のご要望に合わせたおウチを見ることができますので、よりリアルなマイホーム見学ができるのです。
しかも、建築会社ではなく建築されたお客様から直接お話を聞くこともできますので、自分たちのマイホームづくりのヒントをたくさんもらえます。

そして「住宅ローン」。これも重要になりますよね。
よく、「ご予算はおいくらですか?」と聞く建築会社が多いですが、弊社では、「月々のお支払いのご希望額はおいくらですか?」とお伺いしております。
正直、予算何千万円です!なんて言っても、それが「家を建てる」と言う観点から考えたときに、どのくらいの規模の金額で多いのか少ないのか、本当にこんなに借りることができるのか、などわからないことが多々あります。
それならば、「今の家賃が月7万円なので、これと同等かプラス1万円以内で抑えたい」と言う方が現実味がありますし、わかりやすいですよね。
しかも、その方が毎月の支払額を想定できる分、マイホーム購入後の生計もイメージしやすくなります。
自分たちの生活の質を落とすことのない金額で相談することが大切になります。
逆に言うと、借り入れ可能額MAXまで借り入れをさせようとする建築会社には気をつけてください。
借り入れ可能額MAXまで借り入れてしまったら、毎月の生活が節約重視の生活になってしまいます。
最悪の場合、ローン返済ができずに破綻してしまうこともあります。
しっかりと自分たちの要望を受け止めてくれる建築会社を選んでくださいね。

まだまだ書きたいことはありますが、少し長くなりましたので、今日はこのあたりでまとめさせていただこうかと思います。
マイホームは一生に一度の大きなお買い物です。
一番大切なことは、自分が後悔しない家を建てたり購入したりすることです。
そのためには、自分たちの希望を、どんなに細かいことでも構いませんので、全て建築会社に打ち明けてください。
そしてその希望をしっかりと受け止めて理想的な提案をしてくれる、信頼できる建築会社を選んでください。
世の中に建築会社はたくさんあります。
必ず自分たちの理想のマイホームを叶えてくれる会社はあります。
ネームバリューや会社の規模ではなく、しっかりと寄り添って、一緒に家づくりを考えてくれる会社を選びましょう。

また機会があれば、この続きを書きたいと思います!

一覧へ戻る